5月31日 厚生労働省「夏期の電力需給対策を受けた事務所の室内温度の取扱いについて」を通達

 5月20日、厚生労働省は「夏期の電力需給対策を受けた事務所の室内温度の取扱いについて」を通達しました。この通達によりますと室内温度は28度以内を強く推奨するが、熱中症対策を講じることにより、29度に引き上げることも可能としております。また、室内の照明については300ルクス以上とすることがのぞましいとされました。

通達の詳細は次のサイトからご覧ください。
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-52/hor1-52-30-1-0.htm