神奈川労働局の「平成24年度行政運営方針」「労働衛生行政のあらまし」が公表されました

 4月26日、神奈川労働局は平成24年度の行政運営方針を公表しました。
 特に、「職場における労働災害防止対策及び健康確保対策の推進・強化」に関しては
 1)第11次労働災害防止計画の目標(平成24年に休業4日以上の死傷災害6千人以下)を達成するため、建設業、陸上貨物運  送業、食料品製造業、小売業、社会福祉施設等の災害多発業種に対する監督指導等を強化していく
 2)メンタルヘルス対策の充実を図るため、経営トップに対してその重要性を説明・指導するとともに、企業が無料で利用できるメンタルヘルス対策支援センターの活用勧奨を行っていく
 3)過重労働が行われているおそれがある事業場に対して、労働時間管理、健康管理に関する窓口指導、監督指導等を徹底していく
の3つが主要な施策として強調されています。
 4月26日 記者発表資料は、神奈川労働局のHPで閲覧できます。
http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/kanagawa-roudoukyoku/press/240426_1.pdf

 また、既に平成24年度の労働衛生行政の主要施策についても、 メンタルヘルス対策及び過重労働による健康障害防止対策を中心に「平成24年度 労働衛生行政のあらまし」として公表されています。
 「平成24年度 労働衛生行政のあらまし」の内容は以下からご確認ください。
http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0037/8366/eisei_aramasi.pdf