化学物質による健康障害防止対策の適切な実施に関し厚生労働省が印刷業界に対して要請を行いました。

 今年3月、大阪府内の印刷事業場で印刷業務に従事した労働者から、胆管がんを発症したとする3件の労災請求が行われました。現在、原因の究明が進められているところですが、この労災請求に関連した予防的観点から、5月21日、厚生労働省は、印刷業界団体に対して、労働安全衛生法令や大臣指針に基づく対策の適切な実施を要請しました。
 印刷業界に対する要請内容、都道府県労働局に対する通達の内容は、厚生労働省HPの以下のURLから確認ができます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002azlu-att/2r9852000002azpo.pdf
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002azlu-att/2r9852000002azqc.pdf