厚生労働省から「今夏の電力需給対策を受けた事務所の室内温度等の取扱いについて」(平24・6・6基発0606第1号ほか)が通達されました。

 熱中症対策の呼びかけの一方で、今夏の節電計画や室内温度設定に関する政府の考え方も示されました。
 政府の「電力需給に関する検討会合/エネルギー・環境会議 合同会議」は、「今夏の電力需給対策について」(平24・5・18)をとりまとめ、その中で
 ○ 沖縄を除く全国共通の課題として、7月2日〜9月28日の間の平日(8月13日〜15日を除く)午前9時〜午後8時の間の数値目標を伴わない節電
 ○ 東北・東京電力を除く各電力会社管内では、「節電メニュー」
 経済産業省HPを参考に一定期間中の数値目標を定め、その目標値相当分の節電を要請しました。

 これに伴い、厚生労働省も「事務所衛生基準規則」上の規定との関係を整理して「今夏の電力需給対策を受けた事務所の室内温度等の取扱いについて」(平24・6・6基発0606第1号ほか)を通達しました。
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-53/hor1-53-35-1-0.htm