胆管がんの労災認定に関する検討会の開催について(8月29日)

 厚生労働省は8月28日、印刷業に従事していた労働者に発症した胆管がんについて労災請求がなされたことを受け、個別の労災請求事案に係る業務と胆管がん発症との間の因果関係について専門的な見地から検討するため、各分野の専門家で構成された検討会〔座長:櫻井 治彦 (公財)産業医学振興財団 理事長〕の設置と開催(9月6日)を公表しました。

 同検討会に関する公表資料は、厚生労働省HPの以下のURLから確認できます。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002i7ui.html