(独)労働者健康福祉機構 「勤労者心の電話相談」実施状況の公表(9月14日)

 (独)労働者健康福祉機構は、労働環境の急激な変化に伴い、職場におけるストレスが増加していることや平成10年に自殺者数が急激に増加して3万人を超えた状況を踏まえ、平成12年から全国19ヶ所の労災病院で、勤労者やその家族が抱える心の問題について助言等を行うため、専門のカウンセラーによる「勤労者心の電話相談」を実施していますが、9月14日、(独)労働者健康福祉機構 は平成23年の相談の状況を公表しました。
 「勤労者心の電話相談」での相談件数は、この取組みを始めた平成12年以降、毎年増加しており、平成23年度は過去最高の29,209件となっています。この相談件数は様々なストレスや悩みを抱える勤労者の一部であると推測され、社会的なニーズは、非常に大きいものと考えられます。
 公表資料の内容は(独)労働者健康福祉機構HPの以下のURLから確認できます。

http://www.rofuku.go.jp/Portals/0/data0/kanrenshisetu/pdf/h24kokoro_sodan_press.pdf