平成24年度「『見える』安全活動コンクール」を実施−労働災害防止活動の「見える化」事例を募集(10月1日〜11月30日)

 厚生労働省は10月1日から、労働災害防止に向けた企業の取り組み事例を募集・公開し、国民からの投票により優良事例を選ぶ、平成24年度「『見える』安全活動コンクール」を実施します。
 このコンクールは、昨年4月に厚生労働省が策定した「安全から元気を起こす戦略」の一環として実施するもので、2回目となる今年は、より多くの応募を促すため、昨年の事例を基に「見える化」の活動内容を「危険有害性」や「安全衛生事象」など7パターンに類型化しました。
 応募期間は、本日10月1日(月)から11月30日(金)までで、応募事例は、「あんぜんプロジェクト」のホームページ(http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/)に掲載し、平成24年12月17日(月)〜平成25年2月17日(日)の間に実施する投票の結果に基づいて、優良事例は3月下旬に発表される予定です。
 厚生労働省の公表資料は、厚生労働省HPの以下のURLから確認できます。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002kw6h.html