「労働安全衛生法第28条第3項の規定に基づき厚生労働大臣が定める化学物質による健康障害を防止するための指針」の公示について(10月10日)

 労働安全衛生法第28条第3項の規定に基づいて、これまで、アントラセン等の26物質について定め、公表していた指針に、このたび
  1)2−アミノ−4−クロロフェノール
  2)1−ブロモブタン
2物質を加えた新たな指針を厚生労働省は公表し、その周知に関して、都道府県労働局や関係の機関・団体に通知しました。これは、日本バイオアッセイ研究センターでの哺乳動物を用いた長期毒性試験の結果、哺乳動物に対するがん原性が認められたことによります。
 指針、関係の通達は、厚生労働省HPの以下のURLから確認できます。

 ○ 労働安全衛生法第28条第3項の規定に基づき厚生労働大臣が定める化学物質による健康障害を防止するための指針(平24・10・10 健康障害を防止するための指針公示第23号)
   http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T121010K0010.pdf
 ○ 「労働安全衛生法第28条第3項の規定に基づき厚生労働大臣が定める化学物質による健康障害を防止するための指針」の周知について(平24・10・10 基発1010第2号・第3号)
  http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T121010K0030.pdf
  http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T121010K0031.pdf
  http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T121010K0032.pdf