東京電力福島第一原子力発電所の線量管理の実態調査結果をとりまとめ、公表〜厚生労働省が再発防止を東京電力等に指導〜(10月30日)

 東京電力福島第一原子力発電所で、鉛板を使用した不適切な被ばく線量測定を行っていた事態に対し、厚生労働省は10月30日、実態調査の結果をとりまとめ、東京電力と元方事業者に対する再発防止指導を行ったことを公表しました。
 公表資料は、厚生労働省HPの以下のURLから確認できます。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002n0ig.html